簿記の試験で不合格になってしまったら

日商簿記の試験で不合格になってしまった場合は今後どうしますか?もう一度日商簿記にチャレンジするか、そのまま諦めるか。私ならもう一度チャレンジします。というのも、日商簿記は真面目に勉強を続ければいつかは合格できる資格だからです。

スポンサーリンク

不合格の原因を考える

日商簿記で不合格になるには原因があります。例えば、勉強不足が原因である場合はなぜ勉強不足になったのか、どうしたら勉強不足にならないのか、勉強時間が確保できない場合はどうすれば勉強時間を確保できるか、などです。この不合格の原因を解消せずに次回受験しても同じような結果になる可能性が高いです。良い結果を得るためには不合格になった原因を分析し、どうすればこの原因を解消する必要があります。不合格の原因を解消すればきっと合格できます。

多くの不合格者の原因は単純に勉強不足

日商簿記に不合格になる人の原因は人それぞれですが、日商簿記2級3級受験生に限っては、不合格になる人の多く(殆ど全員と言っても過言ではない)が単純に勉強不足です。日商簿記に限らずどの資格試験でも同じですが、勉強なしに合格できるものはありません(あったとしてもその資格に意味はありません。)。日商簿記2級3級は真面目にコツコツ勉強すれば合格できる資格試験です。能力うんぬんを言う人がいますが、能力は人によって多少の違いはあるかもしれませんが、日商簿記2級3級の合格を分けるような能力差はありません。日商簿記2級3級に合格できない人の多くが単純に勉強時間が足りていないか、勉強方法が根本的に間違っているくらいしか原因は無いと思います。

日商簿記は勉強し続ければ合格できる!

日商簿記はどの級であっても諦めずに勉強すれば合格できます。一度不合格になってもチャレンジし続ければいつかは合格できます。続けるか、諦めるか、それが日商簿記合格の分岐点だと私は思っています。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 資格試験の受験で一番難しいのが「いかにして勉強のモチベーションを維持させるのか」で、多くの受験生がモ…
  2. 暗記したいところをマーカーしてアプリ(無料)で読み込むとマーカーの箇所が見えなくなります。 (さ…
  3. 集中力アップにぶどう糖が良いとの評判から受験生に人気があります。 (さらに…)…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る