日商簿記1級 試験情報

日商簿記1級の試験情報。日商簿記1級は一般的に公認会計士や税理士の登竜門として位置づけられています。大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算、会計学の理解度、そして、財務諸表規則や企業会計に関する法規の理解度が問われます。

日商簿記1級受験者の中には、税理士試験の簿記論よりも難しいと言う人がいるほど難易度が高い資格です。難易度が高いぶん、企業でも一定の評価を受けています。

[ad#co-1]

簿記検定1級の試験情報

難易度 難しい
受験資格 特になし
受験対象者 学生、社会人
試験日 6月、11月
試験時間 3時間
試験方式 筆記試験
合格基準 100点満点中、70点以上の得点ただし、一科目でも40%以下の科目があると不合格
合格率 10%前後
出題範囲 商業簿記、工業簿記、原価計算、会計学
受験料 7,500円
合格特典 日商簿記1級合格者には税理士試験の受験資格が付与されます。

[ad#co-2]

ピックアップ記事

  1. 電卓操作のオススメ本です。私は電卓の本を読む時間があったら勉強した方が合格できると思っていて、電卓本…
  2. 資格試験の受験で一番難しいのが「いかにして勉強のモチベーションを維持させるのか」で、多くの受験生がモ…
  3. 日商簿記において電卓は必須ですが、「試験で使えない電卓がある!」で書いている通り、電卓だったら何でも…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る